構造や住宅性能といった基準は

国策で明確に基準が打ち出されています。

具体的には数値化しています。

基準に満ちた家づくりをすることが必須条件となってきているので

幾分大きく違ってくるものではありません。


それよりも、家づくりでは明確な基準がないがゆえに、

迷い、間違い、そして失敗しやすいことがあります。

それは、「間取り設計」です。


間取り設計においては、固定概念があまりにも蔓延し過ぎているがゆえに

その殻を打ち破ることが、“自分らしい家に住む”ための秘訣になってきます。

 
例えば、一般的には日当たりを重視した間取りプランを提案することが

当たり前となっていますが

ホントにそれは暮らしやすい家なのでしょうか。

日当たりがいいはずなのに

朝から照明をつけないと実は暗い・・なんていう現実が住み出して発覚したとしたら。

また

洗濯物が丸見えの生活感丸出しの家になることを

間取りプランを作ってもらった時に想像されていますか?

朝食を食べている時に

窓越しに隣の家の方と目が合ってしまうような家で

ホントに暮らしやすいのでしょうか。

 
炊事場と脱衣室が近いことを、家事動線が良いと言われていますが

あなたにとってホントにそれは近くにある必要はあるのでしょうか。

それよりも

洗濯物を干しやすく取り込みやすい方が

ホントは助かるのではないでしょうか。

 
収納は、2階にたくさん作るよりも

ホントは1階にたくさん欲しいのではないですか。
 
 
これらの固定概念を打ち破ることが

“あなたにとって最も暮らしやすい住まいづくり”につながることになります。


20180619_01.jpg


ヨリフジ建設株式会社(一級建築士事務所)
本社:兵庫県加東市下久米1044番地
TEL :0795-44-0111 / FAX:0795-44-0112
Mail:info@yoriken.com / HP:www.yoriken.com

お気軽にお問合せくださいませ。
Secret

TrackBackURL
→http://yorifujikensetsu.blog123.fc2.com/tb.php/838-93a33d58