ローン返済で、収入に対しての返済率は

約20~25%がベストと一般論として言われていますが

その率は、社会保険など天引される前の額なのか

または天引されたあとの金額なのか。

金額によっては、大きく違ってきます。

金額は、天引された金額(手取り金額)を基本としなければなりません。

では、実際はどうでしょうか。

天引される前の金額で計算されている方もいるのではないでしょうか。
 
仮に

ご主人様の給料が30万円/月で

奥様の給料が15万円/月だと想定しましょう。

合算で45万円/月になります。

これを手取り金額に変換すると

大よそ2割が差し引かれることになり

世帯収入37万円になります。

例えば

収入に対する返済の割合を20%として考え

45万円の場合は9万円です。

37万円なら7万4千円になりますが

恐らくですが

9万円の金額は世帯の場合であれば

かなり厳しい出費になりませんか。いかがですか。 
 
9万円という金額を毎月捻出されるならば

3,000万円を超えてローンを借りることが出来るようになりますが

7万4千円であれば

それよりも約500万円は借入を減らさなければいけないと思います。
 
 
ですが

これが現実的な家づくりではないでしょうか。

このご時世

残念ながら昔のように給料が上がっていくような時代ではないありません。

無理なローンを組んでしまうと

将来厳しい生活が待っているかもしれません。 
 
家庭によっては

奥様が子育てで仕事が出来ない状態になってしまうことも感得られます。

そのような状態になってしまうと、ローンがあなたの肩に重くのしかかります。 
 

ですから

住宅ローンの商品選びは慎重にして頂きたいのはもちろんですが

毎月の返済金額や家を建てた後の生活スタイルも慎重になって検討してくださいね。


20180510_01

 
 


ヨリフジ建設株式会社(一級建築士事務所)
本社:兵庫県加東市下久米1044番地
TEL :0795-44-0111 / FAX:0795-44-0112
Mail:info@yoriken.com / HP:www.yoriken.com

お気軽にお問合せくださいませ。