地縄張りや基礎工事の途中で、お客様より連絡が入り

『家が小さくないですか?』という質問をよくお聞きします。

決して家が小さいわけでもなく、間違えているわけでもなく、

図面通りに工事が進んでいるのですが

目視にどうしても小さく見えてしまうため、

このような不安にかられてしまうことがあります。

工事着手前や地縄を張った状態で確認して頂くと建物が小さく感じますが心配ないですよ!

と事前にお声かけしていてもです。


また、

建物と同様に小さく感じてしまうのが土地です。

50坪の土地では、建物がない状態だと、ここに家が建てられるの!?って思ってしまうのではないでしょうか?

多くの方は、広い土地を求めて土地検討や購入しようとしてしまいます。

郊外の土地であれば、10万円以下/坪で土地購入出来るところが多々ありますが

60坪を超える土地購入していただいても、大半は問題ないでしょう。

そして

近隣や日照の問題だったりと、それほど気にすることなく

2階建ての家や平屋住宅でさえも建てることが出来ると思います。(25〜28坪程度)

ですが、住もうと考えているエリアの土地価格が、

坪20万円を超える場合でしたら、広大な土地を検討して、

60坪を超えて土地購入してしまうと、大幅に予算が上がってしまうことになり

借入額(住宅ローン)を増やさざるを得なくなります。

又は、自己資金をもっと増やさなければなりません。

住宅ローンの負担が大きくなれば、建てた後に何かしらのしわ寄せきます。

結果的に、金銭面にゆとりがなくなり、精神的にもゆとりがなくなってきます。

例えば、600万円多く借入せざるを得なくなれば、

35年返済で考えたとしても、単純に約20,000円も毎月の返済額が増えてしまうことになります。

その上

年齢的に35年返済にするのが厳しくなると

もっと毎月の負担率が上がってくることになるので、

より生活が厳しくなり、生活の水準を落とさざるを得なくなります。

ですが

それを少しでも防ぐため、自己資金を多く入れてしまえば、

それほそれで手元にお金がなくなってしまうので、

なんともいえない不安感を抱えながら暮らしていくことになります。

もちろん、

車だってローンで買わざるをえなくなるでしょうから、

余分な金利を払うことになり、手元にお金が残りにくくなっていきます。

ですから

土地にお金をかけ過ぎてしまったこの場合、

最も現実的な選択が、家の予算を削るという選択肢です。

ですが

この場合よく考えて家を建てないと、

非常に住みにくい家を建ててしまうことになります。

というのも

家のコストを落とそうとすると、1階を可能な限り小さくしつつ、

1、2階の面積が同じである家を提案されるからです。

このような家の多くが、1階にはリビングダイニングキッチンしかありません・・・

そして収納がほとんどありません・・・

となると、せめてこれぐらいはと、リビングを広くつくってもらったとしても、

収納が足りないことから、リビングやダイニング、それからキッチンの至るところに、

荷物が散乱することになってしまいます。

また

2階に個室が多くあっても、子供が小さいうちは全く使わないことから、

仮に28坪の家をつくったとしても、

実質18坪ぐらいのスペースだけで暮らさざるを得なくなります。

下手したら10年以上もの間です。

しかし

これでは賃貸アパートの時と、大して広さが変わらなくなってしまう上に、

平面だったアパートに比べて、上下階に分かれてしまう一戸建てでは、

余計暮らしにくさを感じてしまうことになります。

ですから

設計に工夫をするようにしなければいけません。

いかにコストを上げずに、暮らしやすさをアップさせるか?という工夫をです。

ですが

もっと良い選択肢は、

そもそも土地購入費用を最大限に抑えるようすることです。

平屋となれば、55坪以上の広さがないと間取り的に厳しくなってしまうのですが、

土地の形状によりますが、2階建ての場合であれば

比較的きれいなカタチで区割りしてくれている新規分譲地などであれば、

40〜45坪あれば、ちょっとカッコ良くて暮らしやすい住まいを建てることが出来ます。

となれば、坪20万円の土地であれば、

土地購入費用を300万円〜400万円抑えることが出来るようになります。

土地でコストダウンが図れれば、その分、建物の費用にお金を使うことができたり

家づくりの総費用をカットすることも可能になります。

ただでさえ小さく見えてしまう更地(土地)なので、

土地を見ただけで、40〜45坪の土地を買うのは、かなり厳しく購入に決断がいります。

土地探しをする際は、専門の方に相談や同行して頂くことが一番です。

例えば住宅会社様に相談して頂くのも一つです。

土地費用を抑え、建てた後の暮らしに影響を及ぼしかねますので、

経済面・精神面において、ゆったりとしたゆとりのある暮らしが重要です。

20180419_01.jpg


ヨリフジ建設株式会社(一級建築士事務所)
本社:兵庫県加東市下久米1044番地
TEL :0795-44-0111 / FAX:0795-44-0112
Mail:info@yoriken.com / HP:www.yoriken.com

お気軽にお問合せくださいませ。
2018.04.04 清掃活動
20180404_01.jpg

4月に入り桜も咲き春が到来致しました。

毎月恒例の清掃活動を実施しております。

会社周辺の道路を仕事前に行っております。

普段使っている道路美化も目的の一つですが

普段、車で通ると分からないこと、新たに発見することもあります。


ヨリフジ建設株式会社(一級建築士事務所)
本社:兵庫県加東市下久米1044番地
TEL :0795-44-0111 / FAX:0795-44-0112
Mail:info@yoriken.com / HP:www.yoriken.com

お気軽にお問合せくださいませ。
「社内研修のお知らせ」

師走の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、12月17日(日)~18日(月)まで

社内研修のため、お休みとさせて頂きます。

ご了承くださいませ。


ヨリフジ建設株式会社(一級建築士事務所)
本社:兵庫県加東市下久米1044番地
TEL :0795-44-0111 / FAX:0795-44-0112
Mail:info@yoriken.com / HP:www.yoriken.com

お気軽にお問合せくださいませ。
今年も阪神瓦斯産業(株)様が主催する

第47回、謝恩総合展示即売会が開催されます。

毎年、多くの方にご来場頂き

誠にありがとうございます。

今年の目玉は、抽選で

1等国産しゃぶしゃぶ肉をはじめ

豪華商品が揃っております。

また、はんがす市場、キッズコーナーも充実しており

好評の昼食も付いております。

家族で楽しめるイベントです。

また、

各メーカー(Panasonic、LIXILなど)のキッチン・システムバス・トイレ等

実物を見学して頂ける場でもあります。

リフォームや機器の交換などご検討されておられます

お客様にとっては良い機会となっております。

ぜひ、ご来場くださいませ。

20170919_01_a


と き : 10月14日(土)、15日(日)  10時~16時

ところ : かじやの里 メッセみき


ヨリフジ建設株式会社(一級建築士事務所)
本社:兵庫県加東市下久米1044番地
TEL :0795-44-0111 / FAX:0795-44-0112
Mail:info@yoriken.com / HP:www.yoriken.com

お気軽にお問合せくださいませ。
夏期休業のお知らせ

誠に勝手ながら弊社では、下記の期間夏季休暇とさせて頂きます。

2017 年 8 月 11 日(金)~ 2017 年 8 月 15 日(火)


皆様にはご迷惑をおかけしますが、

何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。


ヨリフジ建設株式会社(一級建築士事務所)
本社:兵庫県加東市下久米1044番地
TEL :0795-44-0111 / FAX:0795-44-0112
Mail:info@yoriken.com / HP:www.yoriken.com

お気軽にお問合せくださいませ。